• 詳細を見る
  • kuku娱乐平台

    2020年1月現在、日本の旅客機(貨物機含む)は全689機。その1機1機に付与された登録記号に導入から移転、売却、抹消など固有のストーリーが記録される。全機の写真とともに一挙掲載!JA登録記号の意味と成り立ち、歴代JAナンバーに隠された旅客機エピソードの数々、登録記号で楽しむ趣味の世界を解説するJA“レジストーリー”特集。
    (2020年1月30日発売 1,650円)

  • 詳細を見る
  • kuku娱乐平台

    3月号は年に一度のJAL総力特集「ようこそJALへ」。成田/シアトル線CAのフライトとステイ、国内線CAの1日に密着、JAL CAの訓練、先輩訪問(業務企画職&パイロット)、多彩なCA6人インタビュー、JALグループスタッフインタビュー、読者モデルのJAL CA模擬面接、歴代「嵐ジェット」、ZIPAIRの機内お披露目などなど盛りだくさん。表紙はJAL CAの歴代制服です。
    (2020年1月28日発売 1,400円)

  • 詳細を見る
  • kuku娱乐平台

    航空自由化を受けて独立系のエアラインが就航し始めてから、はや20年以上。その後も多くのエアラインが設立され、日本の空はいつの間にか非常に賑やかな顔ぶれとなりました。最近ではスカイマークが初の国際定期便に参入するなど、新たな動きも見られるようになってきました。各社のサービスにはそれぞれ個性があるので、乗り比べも楽しいもの。今号では、そんな日本のエアラインのフライトレポート満載でお届けします。
    (2020年1月29日発売 1,640円)

  • 詳細を見る
  • kuku娱乐平台

    被写体としての航空機にアプローチする撮影技法&機材ガイド 特集「着陸の奥義」 ヒコーキ写真コンテスト受賞作品一挙発表!
    (2019年9月11日発売 2,090円)

  • 詳細を見る
  • kuku娱乐平台

    特集は、日本のエアベース。日本国内にある自衛隊、米軍の基地についてとことん詳しくなるための特集だ!知って驚くエアベースのいろいろを、しっかりまとめてお届けしよう! そして、新年初の訓練フライト「飛行はじめ2020」を全国各地からお届けします!特別付録「F-4EJ改 ファイナル記念塗装機ポスター」つき。裏面は「全国エアベースマップ2020」。
    (2020年1月21日発売 1,430円)

  • 詳細を見る

  • 「パラワールド」2月号

    巻頭では、欧州フライヤーが熱い視線を注ぐ2つのエリア「モンテネグロ」&「カシミール」を紹介する。「グラハン旅に出かけよう!」では行って楽しいエリアを紹介する他、効率的、かつ楽しいグラハンテク二ックも紹介する。「ポッドハーネスAtoZ」では、基本知識から正しい使い方、効率的な乗り方、調整の仕方、危険な行為まで解説する。
    (2019年12月28日発売 1,375円)

  • 詳細を見る
  • 「Jシップス」 2月号 vol.90

    特集 強襲揚陸艦と水陸両用戦艦隊 「いずも」と「おおすみ」はこう戦う! 海上自衛隊の水陸両用戦の戦い方と、そこで活躍する「いずも」型護衛艦、「おおすみ」型輸送艦を中心とする海自艦艇の役割を探っていく。 綴込付録「海上自衛隊 自衛艦隊ロゴマーク&徽章ステッカー」
    (2020年1月11日発売 1,705円)

  • 詳細を見る
  • 「JグランドEX」No.7

    第一特集は「90式戦車」。全周囲ディテール詳解のほか、射撃様相、各国120mm砲戦車との比較など、そのすべてを徹底的に網羅する。第二特集は「世界の最先端陸戦兵器」。世界各国の最新陸戦兵器を、種類・地域・メーカーなど各カテゴリーに分類しつつ紹介していく。貴重な94式水際地雷敷設装置の活動など、最新&保存版情報満載でお届けします。
    (2020年2月14日発売 1,760円)

  • 詳細を見る
  • 「MILITARY CLASSICS」
    Vol.68

    局地戦闘機 紫電&紫電改をテーマとした巻頭特集では、特異な開発経緯から設計面の新機軸や多様なバリエーション、三四三空を中心とした戦闘記録、パイロット列伝などを紹介。第二特集は2種類の砲を搭載したユニークな米中戦車、M3リー/グラントを多角的に解説していきます。マッキM.5飛行艇や戦艦ジュリオ・チェザーレなど、イタリア兵器が多数登場する連載陣も必見!
    (2020年1月21日発売 1,760円)

  • 詳細を見る
  • 「MC☆あくしず」Vol.55

    総力特集は冷戦期のアメリカ空軍ジェット戦闘機をアメリカンなゴージャスギャルに擬人化!F-86に代表される戦後第一世代から、F-100番台のセンチュリーシリーズ、ベトナム戦争で大活躍したF-4、今なお現役のF-15やF-16まで取り上げていきます。別冊付録カレンダーはWW?U戦車ガールズ、戦車学校は魔改造パットンやメルカヴァシリーズのイスラエル戦車を総ざらい!
    (2019年12月21日発売 1,489円)

  • 詳細を見る
  • 「農業ビジネスveggie」vol.28

    野菜を売る現場の最新事情、新しい販売ルート、売れる野菜の「売れている理由」がわかる年に1度の大特集! 無印良品 銀座の青果売場でキャベツを買うマダム続出!? サラダバーが復活のカギ「シズラー」の人気野菜は? 異色の街・下北沢で野菜がバンバン売れる理由とは? 都心のハイエンド飲食店はどんな野菜を欲しがる? 気になる業務用・加工用野菜のスペックは? 【注目の野菜カタログ】も増量14ページでお届け!
    (2020年1月23日発売 1,650円)

  • 詳細を見る
  • 「通訳翻訳ジャーナル」冬号

    会社員が通訳や翻訳を「副業」として行う、 フリーランスの通訳者・翻訳者が別の仕事を「兼業」にする、 どちらもよくあるケースで、通訳・翻訳にかかわる人たちの 働き方はどんどん多様化している。 通訳・翻訳に関する副業や兼業の体験談、副業・兼業のメリット、 副業・兼業に対するエージェント側のホンネなどを紹介。 翻訳コンテストはビジネス書編!
    (2019年11月21日発売 1,320円)

  • 詳細を見る
  • 「素敵なフラスタイル」No.69

    巻頭特集は「フラのこころ、アロハのこころ」。たくさんの意味をもつフラダンサー必須単語「アロハ」について考えます。「ハワイで踊ろう!」ではハワイで踊れるフェスティバルの楽しさをたっぷりご紹介。第三特集は「目指せ、美髪ダンサー」。髪にまつわる悩みやトラブルを解決して、フラダンサーの象徴ロングヘアを、もっと豊かに美しくしちゃいましょう。
    (2020年1月27日発売 1,528円))

  • 詳細を見る
  • 「ベリーダンスジャパン」Vol.50

    ついにvol.50!ありがとうございます! 50冊目となった今号は、アマチュアだってビギナーだって関係なし! 「知りたい!観客の惹きつけ方」、 「みんな今、何着てる?〜リアルレッスンウェア」、 「Shining Dancers 2019」の3本でお届けします。 さらに、 オリエンタル気分が盛り上がる! モロッカンタイル柄2020年BDJオリジナルダイアリーの付録つき♪ どうぞお見逃しなく!
    (2019年11月28日発売 1,375円)

  • 詳細を見る
  • 「Jレスキュー」3月号/104号

    今号は今、消防の関心が高まっている火災現場における健康被害の問題、ポンプ隊のガン罹患率の高さを、専門家の研究レポートと併せて詳しく紹介。さらに予防のために実施すべき具体策を写真で解説。 第二特集は、健康管理と関連する隊員のヒートストレスや安全基準の改正に準拠し、トレンドも取り入れた最新防火衣をラインアップ。 2020年に消防が知っておきたいトピックをいち早く盛り込んだ最新号をお見逃しなく!
    (2020年2月10日発売 1,320円)

  • 詳細を見る
  • 「N(エヌ)」2月号

    特集は「地下鉄車両コンプリート」。 今回は東京の地下鉄にスポットを当て、過去から現在そして退役後、また乗り入れ先の車両まで、豊富に揃った製品群を紹介しよう。 第2特集は165系。165系は時代に翻弄されて多くの新形式や改造形式が生まれた。「急行列車」の繁栄と衰退を体験した急行型スタンダードの歴史を、今回は俯瞰してみよう。 「鉄道模型カレンダー2020」を付録として同梱。
    (2019年12月20日発売 1,430円)

  • 詳細を見る
  • 「Jトレイン」Vol.76

    国鉄時代、操車場での貨車入換・組成を伴っていたヤード系輸送は 1984(昭和59)年2月改正により役目を終え、貨物列車は直行系へとシフトした。 今号では雑多な貨車が最後の輝きを放っていた昭和末期にスポットを当て、 当時の貨物輸送を多角的に検証。 巻末には、同ダイヤ改正時の鉄道公報(貨物運輸営業廃止線区・駅営業範囲改正一覧) を収録している。
    (2019年11月21日発売 1,705円)

  • 詳細を見る
  • 「新幹線EX」Vol.54

    特集は「あこがれの車両基地へ」。なかでも、新幹線の車両基地の草分けとして、技術でも実績でも頂点に立つ浜松工場に潜入し、全般検査の詳細を取材するとともに、浜松工場長にもお話をお伺いします。また、全国の新幹線の車両基地を網羅した詳細解説も掲載。新幹線の車両基地のすべてが分かります。速報では、北陸新幹線の復旧の様子もご紹介します。新連載も続々と登場し、さらに新幹線の凄さ、楽しさ、かっこよさを追求していきます。
    (2020年1月21日発売 1,350円)

  • 詳細を見る
  • 「蒸気機関車EX」Vol.39

    特集は前号からの続きとなる「南九州の蒸機II」。今号では宮崎機関区や鹿児島機関区など、南九州に配置された各形式の変遷などを年度ごとに追います。また国鉄の流儀では南延岡機関区の機関士座談会を展開。あわせて南延岡区の特徴的なカマの履歴・装備や“なめくじ”D51にスポットをあてたグラフを展開します。またドキュメント・「鉄の馬と兵ども」では津山機関区のお召列車機関士に運転の実際を語っていただきます。
    (2019年12月23日発売 2,500円)

  • 詳細を見る
  • 「電気機関車EX」vol.14

    前号につづき、今号も東芝の電気機関車(続編)を大特集。東芝インフラシステムズ様のご協力により、同社で製造された機関車の秘蔵写真を一挙公開、さらに巻末の資料編では東芝機関車台帳(産業用・一般用)の貴重な資料を収録。その他、全般検査が施工されたEF65 1105・遠州鉄道ED28 8など注目の機関車も必見。連載企画と合わせてお楽しみいただきたい。
    (2020年1月21日発売 2,600円)

  • 詳細を見る
  • 「路面電車EX」vol.14

    1964年に開催された東京オリンピックの頃の都電を特集します。 この頃の東京といえば、交通インフラが大幅に書き換えられましたが、 そのなかで都電は右肩下がりの状況とはいえ、まだまだ都内の主要な公共交通として大きな役割を果たしていました。 そんな都電の元気な様子をさまざまな視点から振り返ってみます。
    (2019年11月19日発売 1,870円)

  • 詳細を見る
  • 消散軌道風景 Vol.2

    知られざる鉄道風景を徹底的に掘り下げる消散軌道風景の第二弾。巻頭の「都電24系統いまむかし」のほか、軍都赤羽の軌道、知る人ぞ知る岩崎レールの歴史、葛生の鉱山鉄道の詳細など、盛りだくさんの内容でお届けします。加えて昨年10月で運行休止した上野動物園モノレールの歴史も必見。巻末にはナローゲージの保存車一覧(北海道・東北編)を収録しています。
    (2020年1月28日発売 2,050円)

出版物に関するお詫びと訂正
オリジナルサイト
通訳翻訳WEB 航空人 フラスタイルWEB ベリーダンス・ジャパンWEB
はじめてのフラメンコ MC☆あくしず パラワールドWEB エアステージ
Jレスキュー情報提供のお願い サイクリングハワイ イカロス旅倶楽部プレミアムツアー